永久脱毛は医療行為

女性なら、誰しも「永久脱毛」に憧れるはずです。
最近では、「脱毛=身だしなみ」の概念が浸透しつつあることで、脱毛料金も随分とリーズナブルになりました。
特に脱毛サロンの料金は、かなりリーズナブルですよね。
しかし、脱毛をする前に知っていて欲しい事があります。
それは、永久脱毛の定義です。
本来、永久脱毛というのは医療行為になり、国が指定した医療機関でしか行うことが出来ません。
もし、国が指定した医療機関以外で永久脱毛をした場合は、違反行為に該当するのです。
では脱毛サロンはどうなのでしょうか?
脱毛サロンのホームページやその他の紹介文の中で、「永久脱毛」という言葉を使用しているのを一度は見たことがあるのではないかと思います。
先ほどの永久脱毛の定義を引用すれば、違反行為に該当してしまいそうですよね。
しかし、実際はエステ等で行われる施術方法は医療機関とは異なるため、違反行為には該当しないのです。
ここで、また新たな疑問が生じると思います。
それは、エステやサロンでの脱毛は、永久性を求められないのか?という事です。
エステ等で脱毛は、医療脱毛ではないので、永久性を求めることはできませんが、限りなく永久的に生えてこないようにすることは可能です。
しかし、エステ等で脱毛したことがある方はご存知かと思いますが、やはり一時的に毛の再生を止める効果はあるものの、ある程度の期間が経つと、脱毛前ほどではありませんが生えてくるケースが非常に多いです。
以上の事から、永久性を求めるのであれば、やはり医療脱毛を選ぶ方が堅実だと言えます。
しかし、医療脱毛となると費用もかかるので、まずはお財布と相談し、計画を立ててから脱毛を始めるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ